機械科

faculty_m_img01
機械科では、ものづくりの基本である手仕上げ・鋳造・溶接・旋盤などの加工技術に加えて、NC加工やCAD/CAMなどのコンピュータ制御による先端的な加工技術についても学習し、生産現場での実践的技術者の育成を目指しています。
 卒業後は、産業の基幹である輸送機械(自動車・船舶・飛行機など)や、それに関わる電気機械・精密機械の製造など、あらゆる機械工業の分野で活躍しています。

専門教科
 工業技術基礎  ものづくりの基礎的な加工方法について学びます。
 情報技術基礎  コンピュータの役割とパソコンの基本操作を学習します。
 機械実習  作業をしながらものづくりのいろいろな技術を身につけます。
 機械製図  ものを図に表すための基礎を学習します。
 機械工作  材料の性質や機械工作の原理について学習します。
 機械設計  ものをつくるために必要な計算の仕方を学習します。
 原動機  自動車のエンジンについて学習します。
工業数理基礎  工業に関する単位やエネルギーなどについて学びます。
 生産システム技術 物を動かすための電気・電子・計測・制御などについて学びます。
 課題研究  学習した技術を活かし深く研究したり、作品の製作を行ったりします。
実習科目
tyuzou鋳造 gendouki原動機
 bannkin板金加工  手仕上げ
取得可能資格・検定
 技能士(普通旋盤作業)2級・3級 技能士(フライス盤作業)2級・3級 第2種電気工事士
 二級ボイラー技士 第2・3種冷凍機械 危険物乙種第1類~6類
 基礎製図検定  機械製図検定 計算技術検定
 情報技術検定 漢字検定 実用英語技能検定
リスニング検定